家庭菜園で楽しく野菜づくり【かてさい】,冬野菜の栄養と効用
家庭菜園で楽しく野菜づくりサイト『かてさい』

スポンサーサイト
大型プランター植木鉢通販

野菜づくり
 トップページ
 野菜をつくる基礎知識
 日照条件と野菜
 野菜のつくり方 
 タネ(種)のまき方
 苗の植え方
 連作障害
 堆肥について
 コンパニオンプランツ
 野菜作り用語集

野菜マニュアル
 イチゴ(いちご)育て方
 エダマメ(枝豆)育て方
 エンドウ育て方
 オクラ育て方
 カブの育て方
 カボチャ育て方
 キュウリ(きゅうり)育て方
 コマツナ(小松菜)育て方
 シュンギク(春菊)育て方
 ダイコン(大根)育て方
 トウモロコシ育て方
 トマト・ミニトマト育て方
 ナス(なす)育て方
 ニンジン(人参)の育て方
 ネギ(ねぎ)育て方
 ハクサイ(白菜)の育て方
 ピーマン・パプリカ育て方

 プランター菜園【ぷらさい】

 春野菜の栄養と効用
 夏野菜の栄養と効用
 秋野菜の栄養と効用
 冬野菜の栄養と効用

  新野菜作りサイト
野菜ファーム

  おすすめ商品

北海道100%腐葉土

北海道100%培養土

アクセス数

 

■ 冬野菜の栄養と効用

春野菜の栄養と効用 / 夏野菜の栄養と効用

秋野菜の栄養と効用 / 冬野菜の栄養と効用

白菜

栄養素
ビタミンC、カリウム、食物繊維

効 用
イオウ化合物・イソチオシアネート効果でガン予防
低カロリーと食物繊維ダイエット効果

おばあちゃんの知識袋
ビタミンCやカリウムは水溶性なので、鍋で煮込んでスープごといただけば、風邪予防肌にうるおいがでます。

 

ほうれん草

栄養素
鉄、カロチン、ビタミンC、B1、B2、カルシウム、マグネシウム、銅

効 用
鉄の吸収を高めるビタミンCも含まれ、相乗効果で貧血の予防、改善
カロチン、ビタミンCでガンの予防やカルシウム、マグネシウムの働きでイライラや骨粗しょう症の予防
また、 血液サラサラ効果動脈硬化の予防脳卒中の予防など

おばあちゃんの知識袋
ほうれん草のゴマあえは活性酸素の害を防ぐビタミンCをとれるのがポイント
ほうれん草のアクには結石の原因とされるシュウ酸が入っていますが、ゆでてから水にさらせOKですが、水にさらし過ぎると、ビタミンCが流出します。

 

小松菜

栄養素
カルシウム、ビタミンA(カロチン)、ビタミンC、E、K、鉄、カリウム

効 用
カルシウム効果でイライラやストレスに予防
ガン予防の3大ビタミン『 ビタミンA(カロチン)、ビタミンC、E 』が、バランスよく含まれ、葉には抗酸化作用のあるクロロフィルが含まれていてがん予防
鉄の吸収を高めるビタミンCも含まれ、相乗効果で貧血の予防、改善
カロチン、ビタミンCでガンの予防やカルシウムの働きでイライラや骨粗しょう症の予防

おばあちゃんの知識袋
ジュースにすると、加熱に弱いビタミンCやクロロフィルの損失を防ぎ、また、しいたけやレバー、魚などのビタミンDの多い食品と一緒に調理すると、カルシウムの吸収が良くなります。

 

ねぎ

栄養素
カリウム、ビタミンC、カルシウム

効 用
成分ネギオールが風邪のウイルスに対する殺菌作用があり、風邪の初期症状のどの痛みを緩和
ねぎの香りの成分、硫化アリルとビタミンCで血行を良くして、保温作用美容効果

おばあちゃんの知識袋
栄養成分が多いのは緑色薬効があるのは白い色
風邪のひきはじめは、味噌汁に沢山白い部分を入れて飲む

 

かぶ

栄養素
消化酵素・ジアスターゼは根の部分
カロチン、ビタミンC、カルシウムは葉の部分

効 用
ジアスターゼやアミラーゼは根に含まれ、胃もたれ、胸やけ解消
葉には、イライラやストレスの予防骨粗しょう症の予防


おばあちゃんの知識袋
ジアスターゼは加熱すると効果が低下するので、生で食べると良い(漬物OK)
栄養成分は根よりも葉っぱに多い。

 

大根

栄養素
消化酵素・ジアスターゼは根の部分
カロチン、ビタミンC、カルシウムは葉の部分

効 用
ジアスターゼやアミラーゼは根に含まれ、胃もたれ、胸やけ解消
辛味成分・イソチオシナネートが発ガン物質を無毒化するのでガンの予防
葉には、イライラやストレスの予防骨粗しょう症の予防

おばあちゃんの知識袋

ジアスターゼは加熱すると効果が低下するので、生で食べると良い(漬物OK)
大根おろしは、食べる直前にすりおろす。
ぬか漬けでビタミンB1が増え切干大根で栄養成分が増加

 

にら

栄養素
カロチン、ビタミンB1、B2、C、E、カルシウム、カリウム、鉄、セレン

効 用
にらの香り、硫化アリルがビタミンB1の吸収をよくし、疲労回復、精力増強
カロチン、ビタミンC、E、セレンで免疫力を高め、活性酸素を無毒化でがん予防
カリウム作用で余分な塩分を排出し、高血圧や動脈硬化を予防
硫化アリルが自律神経を刺激し、冷え性改善

おばあちゃんの知識袋
硫化アリルはビタミンB1の吸収を良くするので、豚肉などビタミンB1を含む食材と一緒に食べると疲労回復に効果あり

 


Copyright(C)2005 - 2007.kateisaien.All Rights Reserved.